2011年2月24日

GoogleMap API V3 その2

GoogleMapAPIもV3になってから簡単になりました。


<script type="text/javascript" src="http://www.google.com/jsapi"></script>
<script type="text/javascript" src="http://maps.google.com/maps/api/js?sensor=false"></script>

って読み込むだけですね。

以下の部分でルート検索、標高用のグラフの初期化をしています


<script type="text/javascript">
  var map = null;
  var chart = null;

  var geocoderService = null;
  var elevationService = null;
  var directionsService = null;

  var mousemarker = null;
  var markers = [];
  var polyline = null;
  var elevations = null;

  var SAMPLES = 256;

 var examples = [{
    // Lombard St
    latlngs: [
      [37.801000, -122.426499],
      [37.802051, -122.419418],
      [37.802729, -122.413989]
    ],
    mapType: google.maps.MapTypeId.ROADMAP,
    travelMode: 'driving'
  },{
    // Mount Everest
    latlngs: [
      [27.973323, 86.908035],
      [28.020614, 86.960906]
    ],
    mapType: google.maps.MapTypeId.TERRAIN,
    travelMode: 'direct'
  }];

SAMPLESというのは標高表示グラフの解像度になります。数値を大きくすると細かいグラフになりますし、小さくすると荒いグラフになります。ただ、Google Elevation APIで512までに制限されているようです。

このケースだと、examplesという配列に緯度・経度の情報、地図のタイプ、移動方法の選択をします。

mapTypeはROADMAPを選択し、travelModeはwalkingあたりを選択しておけば問題ないと思います。で、上から順番にexamples[0],examples[1]という配列になり、後でルートを選択する場合にはその番号を使用します。

今回は基本的にサンプルのjavascriptをとりあえずはそのまま使用します。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.776town.net/mt/mt-tb.cgi/14

コメントする